ブルキナファソ


国旗のデザインの由来


汎アフリカ色で、中央に黄色い五角星を置いたの横二色旗。
は革命闘争と流された血を、は希望、農業、森林を、黄色は、社会主義諸国との連携と豊かな天然資源をあらわします。

この国はかつてはオートボルタ共和国という名前でした。当時の旗は、黒・白・赤の横三色旗でしたが、1984年に大統領サンカラが国名をブルキナファソに変更し、同時に国旗も全面改訂されました。


オートボルタ自治国 / 共和国の国旗
(1959-84)

1958年に、フランス共同体内のオートボルタ自治国に昇格し、翌年に制定した国旗。黒・白・赤の三色は、国内を流れる黒ボルタ川、白ボルタ川、赤ボルタ川をあらわします。1960年にオートボルタ共和国として独立した後も継続して使用され、1984年の国名・国旗改訂まで使われました。


※オートボルタ共和国の国旗は帝政ドイツの旗と同じデザインですが、ドイツとは関係ありません。


ブルキナファソの国名について

モシ語で「ブルキナ(誇り高い)」と「ファソ(国)」で、「誇り高い人々の国」を意味する国名。


ブルキナファソの歴史


  • 古くはガーナ王国やマリ王国の一部だった。
  • 19世紀末にモシ人の王国がフランスの保護領とされ、1904年、フランス領西アフリカの一部となる。
  • 第二次世界大戦後、独立運動がすすめられ、1960年、オートボルタ共和国として独立。
  • 1966年以降、しばしばクーデターが起こり、1983年に左派の民族革命評議会のサンカラが政権を握り、翌年、国名をブルキナファソとあらためた。
  • 1987年のクーデターにより、コンパオレが実験を握り、1991年に大統領に選ばれる。
  • 1992年、複数政党制のもとで選挙が行われ民政にもどる。以後、コンパオレは2014年に辞任するまで大統領を続けるが、政情は不安定である。

ブルキナファソの国データ


正式名称 ブルキナファソ
英語表記 Burkina Faso
漢字表記 -
首都 ワガドゥグ
略号 BFA
面積 27万4200㎢(日本の約70%)
人口 1919万人

通貨 CFAフラン
言語 フランス語、モシ語、ディウラ語、グルマンチェ語
民族 モシ族、グルマンチェ族、ヤルセ族など
宗教 伝統宗教、イスラム教、キリスト教
独立年 1960年にフランスから独立
国旗の比率 2:3
在留邦人数 92人

Information


ブルキナファソ国旗
(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗