モーリシャス


国旗のデザインの由来と意味


この国旗は、1968年にイギリス連邦内の一員として独立した時に制定されました。紋章などの図柄がない4色の横縞は、他の国では見られないデザインです。

は独立のための闘いで流された血を、は美しいインド洋を、黄色は独立による新しい光を、は農業をあらわします。またこの4色は、民族による特定の色分けはされていませんが、国を構成するインド人、ヨーロッパ人、アフリカ人、中国人とその強調、融和をあらわすと解釈されることもあります。

モーリシャスは、マダガスカル島の東方およそ800kmのインド洋に浮かぶ島国。一年の平均気温が20〜29℃と過ごしやすく、「インド洋の貴婦人」と呼ばれています。

また、童話『不思議の国のアリス』に登場する伝説の鳥ドードーの生息していた国としても知られています。ドードーは、巨大で羽が退化していて、飛ぶことができなかった鳥。かつてはモーリシャスに生息していましたが、絶滅してしまいました。でも、モーリシャスの国章の中では今でも見ることができます。


モーリシャスの国章

盾を支えている、左側の鳥がドードー。右はスイロクとよばれる大型の鹿で、ともに主な農産物のサトウキビを抱えています。

盾の中にあるのはガレー船(人力で漕ぐ軍艦)、ヤシの木、赤い鍵、白い五角星と三角形。


下のリボンには、国の標語「Stella Clavisque Maris Indici(インド洋の星と鍵であれ)」がラテン語で記されています。


モーリシャスの国名について

1598年にオランダがこの地に入植した当時の皇太子マウリッチにちなみ、ラテン語で「マウリティウス島」と名付けたことに由来し、英語表記されて現在の国名となった。


モーリシャスの国データ



正式名称 モーリシャス共和国
英語表記 Republic of Mauritius
漢字表記 毛利西亜
首都 ポートルイス
略号 MRI
面積 2040㎢(東京都とほぼ同じ)
人口 126万5000人


通貨 モーリシャス・ルピー
言語 英語、フランス語、クレオール語
民族 インド系、クレオール系が大部分、他にフランス系、中国系など
宗教 ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、仏教
独立年 1968年にイギリスから独立
国旗の比率 2:3
在留邦人数
53人

Information


モーリシャス国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗