バチカン


国旗のデザインの意味と由来



黄色の組み合わせは、教皇庁の衛兵の帽章の色、十字軍に由来するものなど諸説あります。

金と銀の鍵は「ペテロの鍵」と呼ばれ、使徒ペテロがイエスから授けられたといわれています。『新約聖書』マタイ伝16章には、イエスが弟子ペトロに送った「あなたに天国の鍵を授ける」という言葉があります。

つまりこのペトロの鍵は、キリストの代理者である印で、教皇の聖俗両面にわたる力の象徴です。鍵の上にある3段の法王冠は、立法、司法、行政の3つの権力をあらわしています。

この旗は、1929年のラテラノ条約によってイタリアから独立したときに、正式に国旗として制定されました。


バチカンの国名について

この地の元々の名前である「バチカヌスの丘(モンス・バチカヌス)」に由来する。
使徒ペテロ(新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストに従った使徒の一人。初代ローマ教皇とされる)がこの場所で殉教したという伝承があったことから、ここに教会が建てられ、やがてカトリック教会の中心地となった。また、エストラスク語で「神託・予言」を意味するともいわれる。


バチカンは、イタリアの首都ローマ市内の丘の上にある世界最小の独立国。
キリスト教カトリック教会の教皇庁がおかれ、総本山であるサン・ピエトロ大聖堂、バチカン宮殿、システィーナ礼拝堂などがあり、国全体が世界遺産。住民は教皇、教皇庁につとめる聖職者、スイス兵士といった、特殊な宗教国家です。


バチカンの国データ


正式名称 バチカン
英語表記 Vatican City State
漢字表記 和地関
首都 なし(都市国家の一種)
略号 割り当てなし
面積 44㎢
人口 1000人

通貨 ユーロ
言語 ラテン語、フランス語、イタリア語
民族 世界各地の民族がいるが、イタリア系、次にスイス系が多い
宗教 キリスト教(カトリック)
独立年 1929年にイタリアから独立
国旗の比率 1:1
在留邦人数 -

Information


バチカン国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗