セーシェル


国旗のデザインの由来と意味


左下から右上へ放射状に塗り分けられたユニークなデザインは、未来へ向かってゆく新しい国の力を象徴しています。は海と空、黄色は太陽、は国民と労働、は正義と調和、は豊かな国土と自然環境をあらわします。

セーシェルは、インド洋のマダガスカル島の北東方に浮かぶ島国。セーシェル諸島、アミランド諸島など100余りの島々から成り、その3分の1は無人島です。赤道のすぐ南にありますが、海の上にあるためしのぎやすく、「地上最後の楽園」「動植物の宝庫」「インド洋のハワイ」などといわれています。

古くはアラビア人、ポルトガル人などが立ち寄り、17世紀にはヨーロッパ系の海賊の巣窟となりました。1756年にフランス領、1814年にはイギリス領となり、1976年、イギリス連邦内の共和国として独立。国旗は独立以来3回変更されていて、1996年、政治色のない現在の国旗となりました。


セーシェルの国名について

1756年にフランスのコルネイユ・モルフェが、当時の財務長官モロー・ドゥ・セシェル子爵の命でこの地に上陸。依頼主のセシェル子爵の名を付けたことが由来。


セーシェルの国データ



正式名称 セーシェル
英語表記 Republic of Seychelles
漢字表記 塞舌爾
首都 ヴィクトリア
略号 SEY
面積 460万㎢(種子島とほぼ同じ)
人口 9万7000人


通貨 セーシェル・ルピー
言語 英語、フランス語、クレオール語
民族 クレオール(ヨーロッパ人とアフリカ人の混血)が多数
宗教 キリスト教
独立年 1976年にイギリスから独立
国旗の比率 1:2
在留邦人数
12人

Information


セーシェル国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗