コモロ


国旗のデザインの由来と意味


三角のは、イスラム教では神聖な色。また三日月と星もイスラム教を象徴するシンボルです。
黄色は太陽と進歩を、は自由と純粋さを、フランスからの独立闘争で流された血を、はインド洋をあらわします。この4色は同時に、4つの小さなが象徴する4つの島もあらわしていて、ムワリ島(黄色)、マイヨット島(白)、アンジュアン島(赤)、グラン・コモロ島(青)というようにそれぞれの島が持つ旗の色が割り当てられています。


ムワリ島の旗


マイヨット島の旗


アンジュアン島の旗


グランドコモロ島の旗


しかし、白であらわされたマイヨット島は現在もフランス領のままです。コモロは、1975年にフランスから独立しましたが、カトリック教徒が多くフランスへの帰属意識が高いマイヨットの島民は、住民投票でフランス領への残留を決めました。

コモロの現在の国旗🇰🇲は2001年に改定されたデザインで、1975年に独立して以来6回目の変更となりました。26年の中で6度もの国旗変更は、1989年以降の大統領暗殺事件やクーデター、2島の分離など、この国で不安定な政情が続いたことを物語っています。


コモロの国名について

この島を発見したアラブ人が、古代ギリシャで伝説の地とされていた「オレ・セレナイエ(月の山)」だと勘違いし、「エル・コムル(月の山)」と名付けたことに由来


コモロの国データ



正式名称 コモロ連合
英語表記 Union of Comoros
漢字表記 科摩羅
首都 モロニ
略号 COM
面積 2236㎢(東京都とほぼ同じ)
人口 83万2000人


通貨 コモロ・フラン
言語 フランス語、アラビア語、コモロ語
民族 バントゥ系黒人を主流に、アラブ系、マダガスカル系、インド系など
宗教 イスラム教、キリスト教
独立年 1975年にフランスから独立
国旗の比率 3:5
在留邦人数
3人

Information


コモロ国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗