ナウル


国旗のデザインの由来


ナウルが、赤道のわずか40km南に位置することを旗全体で表現した国旗。国旗の上の青は北太平洋を、下の青は南太平洋を、黄色の線は赤道をあらわし、はナウルの国とその位置をあらわしています。星の12の稜(先端)は、ナウルの国民を構成する12の部族を示しています。


ナウルの国名について

ポリネシア語で「滝のような雨」の意味。


ナウルの歴史


ナウルは、バチカン、モナコに続いて世界で3番目に小さい国。バチカン、ツバルに次いで人口も少ない国です。赤道の南にあるサンゴ礁の島で、第二次世界大戦中は日本に占領されましたが、1968年に独立。1907年以降、国の経済はリン鉱石で潤っていましたが、資源の枯渇で1990年代後半からは破綻状態になりました。しかし、リン鉱石の2次層の採掘が採掘されたことで収入が再び増加、二次採掘は30年から40年行えると推測されています。


  • 1798年 イギリスの捕鯨船がはじめて来航
  • 1830年代からは欧米の捕鯨船が寄港するようになる
  • 1888年 ドイツが保護領化
  • 1898年 リン鉱石が発見される
  • 1900年 イギリスがドイツから権利を得て、1906年から採掘
  • 1920年 オーストラリア、ニュージーランド、イギリス3国の国際連盟委任統治となる
  • 第二次世界大戦で1942年に日本軍が占領、1943年に島民約1200人をトラック島に強制連行した
  • 戦後ふたたび3国の国連信託統治領となる
  • 1966年 立法議会を設立
  • 1968年 イギリス連邦内で独立
  • 1999年 地球温暖化による海面上昇の危機感から国連に加盟

ナウルの国データ


正式名称 ナウル共和国
英語表記 Republic of Nauru
漢字表記 -
首都 ヤレン
略号 NRU
面積 21.1㎢(東京都品川区とほぼ同じ)
人口 1万3000人

通貨 オーストラリア・ドル
言語 ナウル語、英語
民族 ミクロネシア系
宗教 キリスト教など
独立年 1968年にオーストラリア、イギリス、ニュージーランドから独立
国旗の比率 1:2
在留邦人数 -

Information


ナウル国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗