ペルー


国旗のデザインの意味と由来


この旗の原型を作ったのは、南米の独立運動を指導した英雄、サン・マルティン将軍。言い伝えによると、リマ南方のビスコ湾に上陸したサン・マルティンが、赤い翼に白い胸をした幸運の象徴フラミンゴの群を見て、「赤と白が解放者の色になるだろう」と、対角線で二分した赤白二色の旗を作成したことに由来します。
また赤と白は、インカ帝国の伝統色ともいわれています。

は勇気と愛国心、は平和をあらわします。中央の紋章には国章の一部が使われていて、リボンで結ばれた椰子の枝(左)と、月桂樹のリース(右)、盾の中には国の資源を象徴するビクーニャ、キナの木、豊穣の角から溢れる金貨が描かれています。※民用旗では中央の紋章は省かれます。


ペルーの国章

ビクーニャは、ペルーなどに生息するラクダ科の動物です。右上にあるキナの木は、アンデス山脈に自生する植物で、その樹皮からマラリアの特効薬(解熱剤)キニーネが作られます。上部にあるのが樫(かし)の葉のリース。背後には4つの国旗があります。


ペルーの国名について

「パナマの南にビルーという国があると聞いたスペイン人がビルーをペルーと呼んだ」という説や、16世紀にスペイン人が初めてこの地に来たとき、ビル「川、水」と呼ばれる河口で先住民に迎えられたことに由来するなど、複数の説がある。


ペルーの国旗の歴史


ペルーの地には、紀元前からナスカなどの文明がさかえ、13世紀にはクスコ王国が成立しました。15世紀、エクアドルからチリにおよぶインカ帝国が成立しましたが、1533年にスペインのピサロに征服されほろびます。その後スペイン領(ペルー副王領)となり、南米植民地支配の中心に。

1821年、サン・マルティン将軍は都市リマを解放し独立を宣言しました。
しかし1822年、北方から進軍したもうひとりの英雄シモン・ボリバルと「グァキラルの会見」を行い、サン・マルティンはペルー解放をボリバルに委ねます。1824年に独立を達成、翌年に国旗が制定されました。


ペルーの国データ


正式名称 ペルー共和国
英語表記 Republic of Peru
漢字表記 秘露(略記:秘)
首都 リマ
略号 PER
面積 129万㎢(日本の約3.4倍)
人口 3199万人

通貨 ヌエボ・ソル
言語 スペイン語、ケチュア語、アイマラ語など
民族 先住民、混血、欧州系など
宗教 キリスト教(カトリック)など
独立年 1821年にスペインから独立
国旗の比率 3:5
在留邦人数 3410人

Information


ペルー国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗