チャド


国旗のデザインの由来と意味


チャドの国旗は、アフリカで17ヵ国もの国が独立を達成した「アフリカの年(1960年)」の前年、独立を前に制定されました。

は空と希望、黄色は太陽と砂漠、は進歩統一をあらわします。
旧宗主国フランストリコロール三色旗🇫🇷の部分を、汎アフリカ色のひとつである黄色に変えた三色旗です。

チャドやその他の西アフリカ諸国では、長年のフランス支配の後、1950年代末に自治権を認められ、国旗に関する歴史的背景を持たずに国旗を定めることになりました。そのため、これらの地域には、フランスの国旗に影響を受けた三色旗が多いのだと考えられています。

ちなみにチャドの国旗は、ルーマニアの国旗🇷🇴とほぼ同じ。1989年に、ルーマニアが社会主義時代の紋章を国旗から取り除いたことで、偶然にもチャドの国旗🇹🇩と寸分変わらないデザインとなり混乱が生じました。


チャドとルーマニアの国旗


チャドの国旗の方が、青が少しだけ濃い。というのが見分けるヒントです。是非見比べてみてください。


チャドの国旗


ルーマニアの国旗


さらに、アンドラ🇦🇩とモルドバ🇲🇩の国旗も、チャドの国旗に紋章を加えたようなデザインになっています。モルドバは国内では紋章をつけない旗を使うことが多いので、この青・黄・赤の縦三色旗は、混乱しやすい国旗の配色といえますね。


アンドラの国旗


モルドバの国旗


チャドの国名について

この地の南西部にあり、「大きな水域」の意味を持つチャド湖に由来。チャド湖は昔、チャド、ニジェール、ナイジェリア、カメルーンにまたがる大きな湖だった。1980年代後半から1990年代後半にかけて、灌漑(かんがい)や気候変動により面積が10%以下まで激減し問題となったが、その後水量は回復傾向に向かい、2003年以降はさらに回復が加速した。


チャドの国データ



正式名称 チャド共和国
英語表記 Republic of Chad
漢字表記 茶都
首都 ンジャメナ
略号 CHA
面積 128万4000㎢(日本の約3.4倍)
人口 1548万人


通貨 CFAフラン
言語 フランス語、アラビア語、各部族語
民族 サラ族、チャド・アラブ族、マヨ・ケビ族、カネム・ボルヌ族他
宗教 イスラム教、キリスト教など
独立年 1960年にフランスから独立
国旗の比率 2:3
在留邦人数
5人

Information


チャド国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗