シエラレオネ


国旗のデザインの由来と意味


シエラレオネの国旗は、汎アフリカ色が多いアフリカの国旗の中では異色の、緑・白・青の三色旗。

は農業を、は正義と団結を、は大西洋をあらわすとともに、シエラレオネ唯一の良港であるフリータウンが将来、世界平和に貢献できるようにとの願いが込められています。1961年にイギリスから独立した時に制定した国旗ですが、当時、他の国の国旗にはない3色の組み合わせは新鮮なものとして受け止められました。

この国は、16世紀にはヨーロッパ人による奴隷・象牙貿易がおこなわれましたが、1778年にイギリスの植民団体が海沿いの土地を購入して以来、イギリスの植民地となっていました。
その後、イギリスに関係する各地からの解放奴隷がこの地に戻され、現在の首都フリータウンを築きます。1896年には内陸部も保護領となり、1961年に独立。1971年には共和国になりましたが、国旗のデザインは変わらず、独立時から同じ国旗を使用しています。


シエラレオネの国名について

スペイン語で「ライオンの山」という意味。「この国の半島の形がライオンに似ているため」という説や、「西部の半島ピケットヒルにとどろいた雷鳴がライオンの遠吠えに似ていたから」という説など諸説ある。


シエラレオネの国データ



正式名称 シエラレオネ共和国
英語表記 Republic of Sierra Leone
漢字表記 獅子山
首都 フリータウン
略号 SLE
面積 7万1740㎢(日本の約5分の1)
人口 765万人


通貨 レオン
言語 英語、クリオ語、メンデ語、テムネ語など
民族 メンデ族、テムネ族、リンパ族、クレオール(黒人と白人の混血)など
宗教 イスラム教、キリスト教、アニミズム信仰
独立年 1961年にイギリスから独立
国旗の比率 2:3
在留邦人数
22人

Information


シエラレオネ国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗