アゼルバイジャン


国旗のデザインの意味と由来



はトルコ系民族の伝統色で空をあらわし、は独立を守ろうとする決意、は農業と森林、新月(三日月)と8稜星はイスラムの国であることを示しています。

青・赤・緑の3色を並べた国旗は他にありません。しかも補色同士の組み合わせです。
国旗のデザインの基礎になっている紋章学では、国旗に使われる色は「原色」や「金属」といった区分に分けられていて、「原色同士の接触を禁ずる」という原則があります。ですから、紋章学の観点から言えばこの旗は異例です。

また8稜星も、他にモルドバ🇲🇩の国旗の紋章の中にしかない珍しいデザインです。


アゼルバイジャンの国名について

国民の大多数を占めるトルコ系民族のアゼルバイジャン人に由来。その名は、かつてこの地で勢力があったアトロパテネ(火の守護者)人の名にもとづく。アトロパテネ人は、古代のアトロパテン(火の国)王国に住んでいた人々。


アゼルバイジャンの国データ


正式名称 アゼルバイジャン共和国
英語表記 Republic of Azerbaijan
漢字表記 阿塞拜疆
首都 バクー
略号 AZE
面積 8万6600㎢(日本の約4分の1)
人口 1000万人

通貨 マナト
言語 アゼルバイジャン語など
民族 アゼルバイジャン系、レズキ系、ロシア系、アルメニア系
宗教 イスラム教(シーア派)など
独立年 1991年にソ連邦から独立
国旗の比率 1:2
在留邦人数 49人

Information


アゼルバイジャン国旗
(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗