キプロス


国旗のデザインの意味と由来


キプロスの国旗は、白地に、金色(黄色)に浮かび上がるキプロス島と、2本のオリーブの枝が描かれた旗です。金色は、古来から黄銅(銅と亜鉛の合金)の産地として知られていたことをあらわし、2枝のオリーブは、ギリシャ系の住民とトルコ系の住民の友好協力をあらわします。

キプロスでは、国民の8割がギリシャ系、2割がトルコ系です。1960年にイギリスから独立するとき、キプロスの国旗は「ギリシャ系とトルコ系、どちらの民族にも寄らない中立的なデザインを採用する」と決められました。そして、ギリシャを象徴する青、トルコを象徴する赤のどちらも入れず、キリスト教にもイスラム教にも染まらない白地に、平和の象徴であるオリーブの枝をあしらったデザインに決まったのです。

しかし、国旗に込められた願いもむなしく、現在キプロスは事実上、国が二分された状態に陥っています。
北部北キプロス・トルコ共和国では独自の旗を掲げ、南部はギリシャの国旗を掲げることが多いため、キプロスでこの国旗が使われることはほとんどありません。


キプロスの国名について

古代ギリシャ語の「kyparissos(キパリソス/糸杉)」が由来という説と、古代ギリシャ語の「Ghalkos(銅)」が由来という説がある。いずれも古くからこの地に多かったもの。


北キプロス・トルコ共和国


北キプロス・トルコ共和国の国旗

北部の、北キプロス・トルコ共和国の国旗は、トルコ国旗の赤と白の色を反転させたデザイン。2本の線はトルコと北キプロス両政府をあらわし、白地はキプロスの国旗を基調にしたといわれています。


南北分裂の背景


第二次世界大戦後、イギリス統治下のキプロスで、ギリシャへの併合を目指す運動(エノシス運動)が起こり、トルコ系民族との溝が深まりました。このキプロスの帰属問題をめぐり、イギリス、ギリシャ、トルコの3ヵ国で協議が行われた結果、解決策としてキプロス共和国の独立が決まりました。

しかし独立後、ギリシャ系住民とトルコ系住民の間で内戦が起こります。住民保護の名目で、トルコ軍が侵攻し北部を軍事占領。1983年には北キプロス・トルコ共和国の名で独立を宣言しましたが、独立を認めているのはトルコだけ。国際的にはこの独立は認められていません。

首都ニコシアの中央部には、国連軍によって「グリーンライン」と呼ばれる南北の境界線が引かれ、それ以来キプロスは南北に分断された状態が続いています。


キプロス島に流れ着いた、女神アフロディーテの伝説


地中海に浮かぶキプロス島は、古代ローマ時代から続く歴史を持ち、世界遺産や遺跡が多い美しい島国です。ギリシア神話では、愛と美の女神アフロディーテ(ローマ神話のヴィーナス)が西風に運ばれてこの島にたどり着いたと語られています。ルネサンス絵画の代表的人物、ボッティチェッリの有名な絵画『ヴィーナスの誕生』は、これを題材として描かれました。


『ヴィーナスの誕生』サンドロ・ボッティチェッリ
(ウフィッツィ美術館)

海の泡から生まれたアフロディーテは、ギリシャから西風ゼヒュロスに吹かれてキプロスのペトラ・トゥ・ロミウ海岸近くに流れ着きました。そして季節の女神ホーラたちによってオリュンポス山に連れていかれ、ゼウスが美しさを称賛したといいます。


キプロスの国データ


正式名称 キプロス共和国
英語表記 Republic of Cyprus
漢字表記 塞浦路斯
首都 ニコシア
略号 CYP
面積 9251㎢(四国の約半分)
人口 119万人

通貨 ユーロ
言語 ギリシャ語、トルコ語、英語
民族 ギリシャ系、トルコ系、その他(アルメニア系、マロン派など)
宗教 キリスト教(ギリシア正教、マロン派、アルメニア教会派など)
独立年 1960年にイギリスから独立
国旗の比率 3:5
在留邦人数 55人

Information


キプロス国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗