クック諸島


国旗のデザインの由来


ニュージーランド🇳🇿やオーストラリア🇦🇺と同じく、歴史的にイギリスとの深い結びつきをあらわす「ブルー・エンサインイギリス青色船舶旗」を基調にした旗。

は太平洋を、円形に連なったはクック諸島を構成する15の島々をあらわし、平等と統一を象徴しています。


クック諸島の国名について

1773年にイギリスの探検家ジェームズ・クックが来航したことからクック諸島と名付けられたとされる。


クック諸島の歴史


ニュージーランドと自由連合を組んでいるクック諸島の国民は、ニュージーランドの市民権およびパスポートを有し、ニュージーランド人としての権利を持っています。しかし、ニュージーランド政府は財政難のため、クック諸島の早期独立を求めています。一方、クック諸島側はニュージーランドへの出稼ぎ労働者が多く、独立に対しては消極的といいます。このため、自立した独立国とはみなさないという国も多く、いまだ国連加盟にはいたっていません。
2011年3月、日本政府はクック諸島を国家として承認しました。

  • 5世紀頃、マオリ族が定住し始めたとされる
  • 1595年 スペイン人が航海中に北クック諸島を確認
  • 1773年 イギリス人の探検家ジョージ・クックが到達
  • 19世紀半ばから貿易や捕鯨の中継基地としてさかえた
  • 1858年 ラトロンガ王国が建国される
  • 1888年 イギリスの保護領となる
  • 1901年 ニュージーランドの支配下に移り、15の島々は属領とされる
  • 1957年 立法議会が設立される
  • 1964年 自治権を得る
  • 1965年 外交・軍事・防衛をニュージーランドに委ねる協定に合意し、自治政府を樹立
  • 1973年 ニュージーランドとの共同宣言で、主権国家の権利が認められ、独立国家として外交を行うことが認められた

クック諸島の国データ


正式名称 クック諸島
英語表記 Cook Islands
漢字表記 -
首都 ラトロンガ島アバルア
略号 COK
面積 237㎢(鹿児島県の徳之島とほぼ同じ)
人口 1万9000人

通貨 ニュージーランド・ドル
言語 クック諸島マオリ語、英語
民族 ポリネシア系、混血ポリネシア系
宗教 キリスト教(クック諸島教会派、ローマカトリックなど)
独立年 1965年にニュージーランドから独立
国旗の比率 1:2
在留邦人数 6人

Information


クック諸島国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗