パラグアイ


国旗のデザインの意味と由来



パラグアイの国旗は、世界で唯一、表と裏のデザインが違います
表の中央に描かれているのは国章です。独立を記念する五月の星と、勝利を意味するヤシの木、平和の象徴のオリーブの葉があり、周辺には国名を記したリボンが描かれています。一方、裏に描かれたのは国庫の証印。自由の象徴フリジア帽とそれを守るライオン、そしてリボンには、国の標語「PAS JUSTICIA(平和と正義)」が記されています。

は正義、勇気、愛国心を。は平和、統一、純粋さ。は寛大さと自由をあらわす。といわれたり、上から()独立戦争、()平和、()秩序をあらわす。といわれたりしています。

1990年代から紋章を簡略化して使用する傾向にならい、2013年の大統領令によって表裏ともに紋章が簡略化され、左向きだった裏のライオンが右向きに変更されました。ちなみに国旗を作るときは、表と裏の紋章はそれぞれ別個に製作して縫い合わせるのだとか。


パラグアイの国名について

先住インディオのグアラニー族の言葉で「豊かな水量」という意味のパラグアイ川に由来するという説が有力。


パラグアイの国旗の歴史


パラグアイは、南アメリカ中部にある内陸国です。16世紀以来、周辺諸国とともにスペインの支配下に置かれていました。

1810年5月25日、アルゼンチンのブエノスアイレスにてポルテーニョが五月革命を起こし、ラ・プラタ副王領(パラグアイも含まれる)のスペインからの自治を宣言ししました。
その際、パラグアイ州はバンダ・オリエンタル、アルト・ペルー、コルドバなどとともにブエノスアイレス主導の独立を認めず、マヌエル・ベルグラーノ将軍のパラグアイ攻略を撃退します。そして1811年、共和国としてラテンアメリカで最初に正式に独立を宣言。

1813年には共和国とし、最高司令官ホセ・ロドリゲス・フランシアが、フランスの影響を受けた横三色旗を採用。1842年、中央に国章が置かれました。


パラグアイの国データ


正式名称 パラグアイ共和国
英語表記 Republic of Paraguay
漢字表記 巴拉圭
首都 アスンシオン
略号 PRY
面積 40万6752㎢(日本の約1.1倍)
人口 692万人

通貨 グアラニー
言語 スペイン語、グアラニー語
民族 白人と先住民の混血、先住民、欧州系など
宗教 キリスト教(カトリック)など
独立年 1811年にスペインから独立
国旗の比率 3:5
在留邦人数 4554人

Information


パラグアイ国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗