カタール


国旗のデザインの意味と由来



国旗では珍しい独特の海老茶色赤茶色は、もともとはでした。しかしカタールは、国土の大半が岩石がむきだしになった砂漠地帯。太陽光がとても強いのです。太陽光と染料のせいで、赤だった国旗は日焼けして変色し、赤い茶色になってしまいました。しかし、むしろ他の国と識別しやすいということから、1949年にこの赤茶色を正式に採用しました。

旗竿側の、ノコギリ型のギザギザ模様は、この国がかつて9つの首長国から成り立っていたことをあらわします(現在は7つ)。また、9番目の湾岸イギリス領だったからという説もあります。
現在では、赤茶色は国民の血の繋がり、または過去の戦争での犠牲を、は平和と清浄をあらわすといわれています。また、国旗の縦横比は11:28。これは世界の独立国の中でもっとも横に長い国旗です。通常は2:3ないし3:5の比率の旗が掲げられることが多いです。


カタールの国名について

ペルシャ湾に突き出した形から、アラビア語の「点」や「部分」の意味となったとする説や、「小さい」や「噴出する」に由来するなど諸説ある。


カタールの国旗の歴史


(1670-1820)

1670年、オマーンのバニ・ハリード家の支配下に。国旗はこのような無地の赤1色の旗でした。は、イスラム教シーア派の一派であるハワーリジュ派のシンボル色でした。(社会主義・共産主義国家が使う赤旗と同じですが関係はありません)


1783年にバーレーンのハリーファ家の支配下になった後もこの国旗を継続して使用しましたが、1820年、イギリスと海事条約を結び国旗を変更。海賊船と区別するため、赤旗の左側に白を加えましたが、当時はギザギザではありませんでした。


(1855-1916)

1855年、国旗にギザギザが加わりました。しかしこの様式は長い間バーレーンの国旗🇧🇭と同じデザインでした。バーレーンはカタールのすぐ隣の国。変色をきっかけに色を変更したのも頷けます。


カタールの歴史


  • 紀元前から居住の跡も見つかるが、詳しいことは不明。
  • 3世紀にササン朝の支配に入ったとされ、その後7世紀にイスラム教の勢力が広がる。
  • 18世紀中頃にアラビア半島北部やクウェートからアラブ系の諸部族が移住し、19世紀後半にはオスマン帝国の支配を受ける。
  • 1916年からはイギリスの保護領となり、イギリスがペルシア湾岸から撤退すると、1971年に独立。
  • 1940年代から石油の採掘が始まり、1971年の天然ガス田の発掘と合わせ、国家収入の大半を石油・天然ガスの輸出にたよっている。
  • 1995年に無血クーデターで政権が交代すると、基本法の改正や三権分立をみとめる恒久憲法を採択するなど、自由化・民主化を進めている。

カタールの国データ



正式名称 カタール国
英語表記 State of Qatar
漢字表記 阿曼
首都 ドーハ
略号 QAT
面積 1万1427㎢(秋田県よりやや小さい)
人口 271万人


通貨 カタール・リアル
言語 アラビア語
民族 アラブ人
宗教 イスラム教
独立年 1971年にイギリスから独立
国旗の比率 11:28
在留邦人数 956人

Information


カタール国旗
(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗