ラトビア


国旗のデザインの由来



あずき色は独立のために流された血を、はバルト海と誠実さをあらわします。
13世紀の文献『リヴォニア年代記』にも紹介されていて、現在まで使われている旗の中では、世界最古のひとつだと伝えられている歴史ある旗。

伝説によると、この配色は、かつてドイツ騎士団が侵攻してきたときに戦った、ラトビア義勇軍指揮官の血染めの包帯に由来します。『リヴォニア年代記』は19世紀に入ってから発見され、1870年にラトビアの学生たちによって復活し、1919年から正式な国旗として使われるようになりました。ソ連による併合で一時は途絶えましたが、独立を宣言した1990年に再び国旗として復活しました。

独特なあずき色は「ラトビアン・レッド」とも呼ばれています。


ラトビアの国名について

先住民の、バルト系ラトビア人の名前に由来する説や、古ノルマン語の「低地」に由来する説、ドイツ語の「砂の国」に由来するという説などがある。


ラトビアの歴史


ラトビアは、北のエストニア、南のリトアニアとともにバルト3国と呼ばれています。
中世以来、デンマーク、リトアニア、ドイツ、ポーランド、スウェーデンロシアなどに支配され続けましたが、1920年に独立国となりました。しかし1940年、バルト3国はスターリン率いるソ連に編入され、ラトビアの国名は一旦消滅しかけます。これに対し、アメリカなど西側の国々はソ連のバルト支配を不当としました。

1991年になって、ソ連からの離脱運動が高まっていたタイミングで、モスクワでのクーデター未遂が起こります。その直後、ラトビアを含むバルト3国は独立を達成。9月には国連加盟を果たしました。

  • 古くからバルト系の民族が住んでいた。
  • 13世紀初め、ドイツ騎士団が植民してくる。
  • リガなどバルト海沿岸の都市は、ハンザ同盟に加盟し発展した。
  • 16世紀後半にリトアニア・ポーランド領になり、17世紀に一部がスウェーデン領となり、18世紀にはロシアの支配下に入る。
  • 1918年、ロシア革命に伴い独立を宣言。1940年、ソ連軍に占領されソ連邦に加入する。
  • 1991年、ソ連邦からの独立を宣言。国連に加盟する。
  • 2004年、EU(ヨーロッパ連合)に加盟。人口の約27%を占めるロシア系住民との対立が課題となっている。

ラトビアの国データ



正式名称 ラトビア共和国
英語表記 Republic of Latvia
漢字表記 良斗美亜(略記:良)
首都 リガ
略号 LVA
面積 6万5000㎢(日本の約6分の1)
人口 193万人


通貨 ユーロ
言語 ラトビア語
民族 ラトビア人、ロシア人、ベラルーシ人、ウクライナ人、ポーランド人、リトアニア人など
宗教 キリスト教(ルター派、カトリック、ロシア正教)など
独立年 1991年にソ連邦から独立
国旗の比率 1:2
在留邦人数 59人

Information


ラトビア国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗