コスタリカ


国旗のデザインの由来



19世紀前半、スペインからの独立に際し、現在のホンジュラス🇭🇳を含むニカラグア🇳🇮、グアテマラ🇬🇹、エルサルバドル🇸🇻、コスタリカ🇨🇷の中米5ヵ国は、中央アメリカ連邦としてひとつの国を構成していました。当時の旗は青・白・青の三色旗でしたが、連邦崩壊後も、この中米5ヵ国の国旗はいずれもその配色を基調にしています。しかし、コスタリカだけは青と白の配色に加えてを使っています。

これは、1848年にフランスで起こった二月革命への賛意を込めたもので、旗を考案したのは当時の大統領夫人パシフィカ・フェルナンデス・デ・カストロ。ルイ・フィリップの退位を記念して、中央に赤い帯を加え、現在の国旗になりました。が青空、と海と希望、は平和と知恵、は自由や、独立のために流された血をあらわします。横五分割のこの国旗は、俗にフランス国旗を2つつなげたといわれています。

国章が入ったものは民間での使用が禁止されていて、民用旗では国章がないものが使われます。


コスタリカの国章

2隻の帆船が浮かぶ海は、手前が太平洋、奥がカリブ海をあらわします。盾の中央には煙がたちのぼる3つの山、その背景に海からのぼる太陽、7州の行政区をあらわす7つの星。青いリボンにはスペイン語で「中央アメリカ」、白いリボンには「コスタリカ共和国」と記されています。


中央アメリカ連邦の旗


中央アメリカ連邦の旗(1823-1839)

1820年代から30年代にかけて、中央アメリカのいくつかの国がスペインから独立して「中央アメリカ連邦(中央アメリカ連邦共和国)を作りました。アルゼンチンの国旗🇦🇷から影響を受けて作られたこの三色旗は、政府の共和制への希望をあらわし、また青・白・青の3色は、太平洋と大西洋に挟まれた中央アメリカの地理を示しています。


コスタリカの国名について

スペイン語で「豊かな海岸」という意味。1502年、この地に上陸したコロンブスが、黄金の装身具を身につけた先住民を見て「コスタ・デル・オロ(黄金の海岸)」と名付けたことに由来する。結局黄金がないことがわかると、旧名をあらため「コスタ・リカ」と呼ばれた。


コスタリカの歴史


  • 1502年 コロンブスが第4回目の航海で到達
  • 1521年 スペイン人コルテスによって征服され、スペイン領となる
  • 1821年 スペインから独立するが、直後にメキシコに合併される
  • 1823年 中央アメリカ連邦に加盟
  • 1838年 中央アメリカ連邦から分かれる
  • 1848年 共和国として正式に独立
  • となりのニカラグアの侵略やクーデターを経て、1870代に近代化がはかられ、鉄道の建設などもすすめられた
  • 1983年に非武装中立を宣言、平和外交をすすめて、紛争が多発する中米で独自路線をあゆんでいる

コスタリカの国データ


正式名称 コスタリカ共和国
英語表記 Republic of Costa Rica
漢字表記 哥斯達利加
首都 サンホセ
略号 CRI
面積 5万1100㎢(九州と四国を合わせた大きさ)
人口 499万人

通貨 コロン
言語 スペイン語
民族 スペイン系及び先住民との混血、アフリカ系、先住民族、その他
宗教 キリスト教(カトリック)
独立年 1821年(スペインから)
国旗の比率 3:5
在留邦人数 386人

Information


コスタリカ国旗(3:5)


スポンサードリンク

関連記事

関連のある国旗